2010年03月07日

地域主権改革一括法案を閣議決定―介護施設の一部基準を条例委任(医療介護CBニュース)

 政府は3月5日の閣議で、「地域主権改革推進一括法案」を決定した。自治体の自主性を強化し、自由度の拡大を図るために「義務付け・枠付け」を見直すもので、介護施設の基準の一部を都道府県が条例で規定することになる。

 一括法案のうち、改正介護保険法案では、指定介護老人福祉施設や介護老人保健施設、指定介護療養型医療施設の設備や運営に関する基準などを都道府県の条例に委任するとされた。一方で、従業員の人員配置基準や居室面積基準、人権侵害の防止などに関する基準は、国が定める内容に従う。


【関連記事】
地方分権改革推進計画を閣議決定
社福施設の人員配置などの規制維持-厚労省方針
介護基盤の緊急整備、第4期計画とは「別枠」で-厚労省
国保法等改正案など閣議決定―政府
介護保険法施行法改正案など閣議決定―政府

月給制の介護従事者、報酬改定後に月9500円アップ―厚労省(医療介護CBニュース)
教員の政治活動罰則検討…衆院予算委で首相表明(読売新聞)
<石垣市長選>前市議の中山氏が初当選 現職の大浜氏を破る(毎日新聞)
「密約」で参考人質疑へ=衆院外務委(時事通信)
<鳩山首相>朝鮮学校の除外は未定 高校無償化で(毎日新聞)
posted by ヤノ ハチロウ at 19:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。