2010年02月13日

欲しいのは「国民の幸せ」=首相(時事通信)

 「国民が幸せを感じていただけることが一番のプレゼントだ」。11日に63歳の誕生日を迎える鳩山由紀夫首相は10日夕、首相官邸で記者団から欲しいプレゼントを問われるとこう答えた。その後、官邸スタッフらが主催した誕生会に出席した首相は、「今までは政権を取ろうというのが誕生日の誓いだった。以前の方が楽だったと感じているが、苦があるから将来、必ず楽がある」とあいさつ。内閣支持率が下落する中、政権運営に苦しむトップリーダーの苦悩ものぞかせていた。 

【関連ニュース】
首相、じわり「脱小沢」=枝野氏起用、仙谷氏が進言
枝野行政刷新相が就任=首相「小沢氏も異論なし」
行政刷新相に枝野氏=非小沢系、首相起用へ
参院選直前の新党結成も=自民・舛添氏インタビュー
民主、くすぶる党内対立=予算成立後に再燃も

【日本人とこころ】福田恆存と孤独(下)常に誤解され続けた(産経新聞)
上島珈琲、ツイッターで宣伝文を大量送信 2時間で中止(産経新聞)
500円タクシー、近畿運輸局が値上げ要請へ(読売新聞)
もうすぐバレンタインデー 「デコチョコ」が熱い (産経新聞)
野党側「求めていた資料と違う」(産経新聞)
posted by ヤノ ハチロウ at 01:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。