2010年05月11日

東海道新幹線に最大46分の遅れ(産経新聞)

 6日、午前11時10分ごろ、JR名古屋駅(名古屋市中村区)構内で、博多発東京行き東海道新幹線のぞみ12号(16両編成)の12号車のパンタグラフにビニール(長さ約1メートル)が付着しているのを駅係員が見つけた。ビニールを取り除くため、同新幹線は約45分間ホームに停車。午前11時53分に運転を再開した。この影響で東海道新幹線は上下線7本で最大46分の遅れが生じ、約3800人の足が乱れた。

【関連記事】
特急電車の窓ガラス割れる JR阪和線
パンタグラフに鳥、JR特急など遅れ 佐賀
踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響、京都・大阪
風で制帽飛び電車乗れず JR西車掌、タクシーで追いかけ14分遅れ
線路で空き缶拾い JR関西線遅れで4万人に影響 大阪

赤ちゃんポスト「やって良かった」=運用3年で病院会見-熊本(時事通信)
3歳男児、マンション13階から転落死?(読売新聞)
「最低でも県外」公約でない=鳩山首相(時事通信)
こいのぼり 全長100メートル 埼玉・加須(毎日新聞)
両陛下が学童クラブをご訪問(産経新聞)
posted by ヤノ ハチロウ at 21:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。