2010年05月11日

東海道新幹線に最大46分の遅れ(産経新聞)

 6日、午前11時10分ごろ、JR名古屋駅(名古屋市中村区)構内で、博多発東京行き東海道新幹線のぞみ12号(16両編成)の12号車のパンタグラフにビニール(長さ約1メートル)が付着しているのを駅係員が見つけた。ビニールを取り除くため、同新幹線は約45分間ホームに停車。午前11時53分に運転を再開した。この影響で東海道新幹線は上下線7本で最大46分の遅れが生じ、約3800人の足が乱れた。

【関連記事】
特急電車の窓ガラス割れる JR阪和線
パンタグラフに鳥、JR特急など遅れ 佐賀
踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響、京都・大阪
風で制帽飛び電車乗れず JR西車掌、タクシーで追いかけ14分遅れ
線路で空き缶拾い JR関西線遅れで4万人に影響 大阪

赤ちゃんポスト「やって良かった」=運用3年で病院会見-熊本(時事通信)
3歳男児、マンション13階から転落死?(読売新聞)
「最低でも県外」公約でない=鳩山首相(時事通信)
こいのぼり 全長100メートル 埼玉・加須(毎日新聞)
両陛下が学童クラブをご訪問(産経新聞)
posted by ヤノ ハチロウ at 21:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

二審も市民団体敗訴=県議の海外視察金返還請求-仙台高裁(時事通信)

 宮城県議が公費で行った海外視察は実質的に観光だったとして、市民団体「仙台市民オンブズマン」(十河弘代表)が村井嘉浩知事を相手に、当時の県議13人に対し計約1460万円の返還を請求するよう求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁(小磯武男裁判長)は22日、市民団体の請求を退けた一審判決を支持、市民団体の控訴を棄却した。
 小磯裁判長は、視察について「県の観光政策のあり方を考えるに当たって全く関係がないとは言えない」と判断した。 

【関連ニュース】
沖縄密約文書の開示命令=政府間合意と判断-「不存在」認めず
三菱重役員ら1億6000万円支払い=橋梁談合の株主訴訟和解
授業料返還、大学側逆転勝訴=推薦入試で入学辞退
熊本市長に政調費返還請求命じる=市議に交付の478万円
「供給過大」の訴え退ける=府相手の基本水量訴訟

【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】ネスカフェ バリスタ ネスレ日本(産経新聞)
<不正輸出>北朝鮮にピアノなど 広島の会社を家宅捜索(毎日新聞)
【中医協】11項目の改定結果検証項目案を大筋了承-総会(医療介護CBニュース)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
<東広島市議補選>「聞いたことがない」投票率1けた   (毎日新聞)
posted by ヤノ ハチロウ at 18:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。